台湾

神秘の湖「日月潭」に就航する
ノスタルジックな遊覧船

清朝の時代に台湾中央部の山中で神秘的な湖が発見され、丸い太陽と細長い月が合体したかのような湖は「日月潭」と名付けられました。風水学的に強い力を持つこの場所はサオと呼ばれる先住民族ゆかりの聖地で、台湾国内はもちろん中国からも多くの旅人を集める観光地。日月潭周辺には謎めいた物語の数々が残り数奇な運命を辿った歴史も含めて「台湾の心臓」と呼ばれています。そんなミステリアスな湖の旅でお勧めしたいのが主要3カ所を巡る遊覧船です。



 世界見聞LOG 

周遊チケットを活用して
主要観光スポットを効率良く巡る

 

日月潭観光の魅力は美しい景色を陸と湖上の双方から味わうことができるところ。何れのアプローチでも点在する名所を訪問することができますが航路の方が気軽にかつ効率よく巡れます。「水社ビジターセンター」「玄光寺桟橋」「伊達サオビジターセンター」の3港を30分間隔で次々と出発する船を自由に選んで乗船できる周遊チケットが便利です。


 

湖上を行き来する遊覧船は
カラフルでかたちも大小様々

 

日月潭を訪れて驚くのは朝から夕まで縦横無尽に観光船が往来していることです。「水社ビジターセンター」はそのハブといえる埠頭で背後に主要ホテルと土産物屋や飲食店の数々が建ち並んでいます。夜はこの桟橋周辺に数多くの船が係留されることから朝夕の美しい景色を撮影する旅人にとってフォトジェニックな被写体にもなります。


 

玄光寺桟橋から
三蔵法師ゆかりの2寺へ

 

「玄光寺桟橋」からは山に向かって玄光寺・玄奘寺・慈恩塔の3名所が一列に並んでいます。「玄」がつくふたつの寺は孫悟空で有名な唐時代の高僧・玄奘大師(三蔵法師)ゆかりの寺。玄光寺にはその金身像が祀られ、玄奘寺にはインドへ赴き10年の歳月をかけて仏典を求めた玄奘大師の偉業が展示されています。


 

先住民族ゆかりのエリアは
遠い過去の未知なる台湾

 

「伊達」というエリアは台湾の先住民族サオ族ゆかりの地。太古から「日月潭」の真ん中に浮かぶ聖地「拉魯(ラルー)島」に暮らしていたサオ族が日本統治時代の水力発電所計画によって移住させられた土地です。埠頭から続く商店街には食や工芸品から衣装までサオ族の歴史と文化を伝える品々が並び未知なるいにしえの台湾がおぼろげながらも見えてきます。



 

遊覧船の旅は
奥深い台湾史のタイムトラベル

 

台湾の心臓・日月潭 #日月潭 #台湾 #世界見聞LOG #トラベルプラネット #旅PAPA

TRAVEL PLANETさん(@travelplanet.jp)が投稿した写真 -

 

遊覧船の旅は先住民族が暮らした太古から日本統治や蒋介石の時代を経て現代に至る台湾史をダイジェストで辿る時間旅行のようです。数奇な歴史を重ねた台湾が凝縮されているからこそ日月潭は「台湾の心臓」と形容されるのでしょう。日月潭の滞在に時間的ゆとりがあるなら湖上観光を堪能した後に湖周遊路を歩きながら違った視点で台湾史を追ってみる散策もお勧めします。


 

世界見聞LOG / Facebookページ

世界見聞LOG_Facebook

Facebookページで 世界見聞LOG の新着記事をお届けします。

by
江藤誠晃 TOMOAKI ETO : TRAVEL PLANET NAVIGATOR
Favoriteお気に入りに追加
Travelplanet d745ee75db68ed0840c0f2e17f568d011b5d0d1faa43a786229b562a5ab9281c
Mypage white 1a4fb31a6331d38257248a5d5247f5e7b51ef9077ef4c6c9ba8430ed7c4513fc
My page
あなたの旅をサポートする
第2のパスポート
①好きな旅行タイプ
②行ってみたい国
③これまでの渡航歴
を入力するとオリジナル海外旅行計画ページが完成!
Top move c005b4221be23678bbacd8eff2ea68a096e8bf0c4c4e05d318be8f5f1b0e3360

神秘の湖「日月潭」に就航する ノスタルジックな遊覧船のトップへ

すべてのユーザー

全員に公開され、あなたの公開マイページに掲載されます。

自分のみ

あなたにだけ見え、どこにも共有されません。

正しい郵便番号を入力することで、住所欄に該当する住所が自動で出力されます。

出張について

依頼があれば、出張できるホストの方はチェックを入れてください。

ご安心ください

出張可能な範囲など、依頼したゲストとのやりとりで決定します。
無理な出張などはその段階でお断りできます。